読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

継続は力なりと思う看護師の日記

思えば長く続けている看護師というお仕事、研究、そのほかについて書こうと思います

人をどこで判断するか 私は字、かも

雑記

     f:id:oyamanobori:20170131230907j:plain

どこで人を判断するかは人によって違いますが、

私はその人の書く字で、けっこう印象が変わってしまいます

 

別に上手でなくても良いのですが、伸び伸びとした字に惹かれます

上のは、欧陽詢の拓本、杜甫の詩です

惚れ惚れします(*‘∀‘)

 

f:id:oyamanobori:20170131231245j:plain

王 献之 洛神賦十三行です

この字もいいです

 

何年も前に、万博のようなところで見た、壁一面に書かれた「雨」という字が忘れられません

素晴らしい字でした

字を見て、あそこまで感動したのは初めてでした

 

私は写経は好きですが、ある時、

「写経をすると、助けてもらいたい霊がまわりにたくさん寄ってくる」

という話を聞いてから、写経ができなくなりました

何が見えるわけでもなく、感じるわけでもないのですが、ものすごい怖がりです

 

子供の頃に読んだ、ツノダジロウの恐怖新聞とか、楳図かずおの怪談とか、あの怖さをずーっと持ち続けているビビリです

 

さて、話が変わって、私は自分の字が好きではありません

一見は綺麗です

でも、神経質で、自意識の過剰なところや、実は臆病で気にしやすい、というところが如実に表れている字だと感じます

きっとこの字を見た人は、ウワって思ってるよね、とこれまた自意識過剰思考です

 

私は子供の頃から、「人目を気にする」「言われたことや言ったことを思い悩む」「いつまでも気にして引きずる」という自分の性格がとても嫌いでした

 

そうでないように、そう思われないように、と「人目を気にする」人間ですから、それを気にしていましたが、親しい友人の前では、隠しきれず、いじいじとした人間だと思われているだろうなと思ってました

 

一昨年、10年来の友人に、

「私、すごい人の言うこと気にするじゃない?」って話のフリをした時に「は?誰が?」っていう反応で。

「え?私、私。気にするし、引きずるしさ」

「は?何言ってるの??」というやりとりがあって、友人からしたら、私がそんなにナイーブでも、気にするタイプなかんじでもなかったようで、それにとっても驚きました

 

「そんな人だと思われたくない」と頑張ったことが報われていて、素の自分を出していても、そういうふうに思われなかったということがとても嬉しかったです

 

そういう風に、周囲の人を騙せているのに、深層心理というか地の性格が透けてでてしまうのが、自分にとっては字なんです

 

ちなみに、最近書いた字

f:id:oyamanobori:20170131234855j:plain

 

f:id:oyamanobori:20170131235031j:plain

 

でも結局のところ、自分で考え込んで自分の性格は・・・・って思うほど、他人は私のことに興味ないので、字を見たところで、

「あ、いいんじゃない」くらいで終わるものかもしれませんね

 

 

 

本当に怖かったよ

ぐわし

 

赤んぼう少女―楳図かずお作品集 (角川ホラー文庫)

赤んぼう少女―楳図かずお作品集 (角川ホラー文庫)

 

 

 

絶対こっくりさんなんかしなかった

自分の守護霊が強いように願ってました

恐怖新聞(1)

恐怖新聞(1)

 

 

 

エコエコアザラクなんかは大丈夫だったけど