読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

継続は力なりと思う看護師の日記

思えば長く続けている看護師というお仕事、研究、そのほかについて書こうと思います

看護師になろうと思った理由・人それぞれ

f:id:oyamanobori:20170104173608j:plain

もちろん私の写真ではありませんが・・・

本当、こんな初々しい時代もあったはずです

初々しく、一生懸命で、希望にあふれ・・・(そうだったけ?)

今の時代、看護師になろうと思う動機は何なんでしょうか

 

男性看護師の場合は、家族に看護師がいたので、というケースが多いようです

また、社会人を経て看護師になった人はリストラにあったので、とか、給料が安すぎたので転職したという人もいました

女性は、もっと多彩でしょうか

家族や自分の入院経験で看護師になろうと思った人や、手に職をもとうと思ったという人もいるし

そんなに昔と理由がかわっているようにも感じません

 

ただ、私の入職した昔昔には

「ドクターと結婚するのが目標です!」

と宣言して、ドクターハントをしていた看護師は少なからずおりました

ハンターになるために看護師になったと言う人もいました

同僚にも、医師官舎で待ち伏せするような強者もおりましたし、略奪愛だの不倫だのと賑やかでした。

 

けれども今は若者の恋愛離れと言われてますし、若いドクターも真面目、看護師も真面目なかんじで、あんまり職場に話題を提供してくれる人もいないです。

 

ちなみに私は、海外の貧困な国で働くために看護師になりたいという、とても真面目な動機があったのですが、紆余曲折を経て、今は田舎の病院で働いています

 

ドクターハント目的は潔くてみんなに受け入れられてたけど、

「医学部に落ちたので看護師になります」とか、

「○○学部に落ちたので看護学校に来ました」っていうのは、看護師の卵たちからはちょっと評判悪かったように思います

 

入学したての頃読んだ看護覚書

年取ってから読むとナイチンゲールの偉大さがわかります

湯槇ます,薄井坦子,小玉香津子,田村眞,小南吉彦・・・すごいメンツです