読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

継続は力なりと思う看護師の日記

思えば長く続けている看護師というお仕事、研究、そのほかについて書こうと思います

看護師という人間

若手看護師を育てるということ

私の勤める病院で、3年目前後の看護師が自分の看護についてプレゼンし、資料にまとめて発表する、という発表会があります 何人かでグループになって行うグループ学習です テーマは何でも良いので、自分が取り組んできたことについて発表をします 3年目の看…

体の老いと看護師業

老化の自覚って、何歳くらいからするものなのでしょうか 私は32歳から33歳がターニングポイントでした もう、その1~2年での記憶力の低下は恐ろしいものがありました 32歳の頃ですが、いつもなら絶対に忘れない業務が抜けてしまったことがあります なぜ抜…

リーダーシップ 上司の資質

昨年、上司が新しく変わりました 優しく、明るく、すっとぼけてはいるけれども、愛されキャラの人です 私は、個人的には好きでした ただ、その人の下で働いた経験のある看護師からはあまり評判は良くなく、 「とにかく仕事をしない」 「仕事と関係のない雑用…

看護師の肥満は許されない?

私の勤める病院の糖尿病専門医は5人ともぽっちゃりです 白衣なんかピチピチです 糖尿病の指導で、かなり瘦せ型体系の患者さんに対して 「数値がいまひとつだから、後2キロは減らすように食事を減らした方が良い」 とおっしゃったりします 患者さん方は 「…

「看護学生入れ墨裁判」を考える

看護専門学校で入れ墨を理由に休学処分になったのは不当だとして、 20代の女性が学校を運営する医療法人に約540万円の損害賠償を求め、東京地裁に提訴した。 医療法人側は争う姿勢を示した。 背中などに入れ墨があることを教員に告げたところ、6月下旬…

嫌いな人と上手くやっていく方法・実践

先日、嫌いな人と上手くやってく方法、というタイトルでブログを書きました 意地悪な看護師さんに、ささいなことでクレームいれられたよ、でも明日電話でクレーム対応するんだ! と書いたのですが、翌日になると、けっこう嫌だった気持ちも薄れ、認知行動療…

性格が悪い人と意地悪な人

私の中の言葉の定義としては、「性格の悪い人」と「意地悪な人」は違います 私は性格は悪いですが、意地悪ではありません 意地悪というのは、性格の悪さを表面に出してしまうことだと思います 社会生活を送るうえで、性格の悪さは隠していかなくてはいけない…

周りにうつ病の休職、増えました

「うつ病で医療機関を受診している患者数」は、1984年には11.0万人 1999年には33.5万人に、2011年には70.1万人に増えています。27年間で6.4倍です。 この数は厚生省の発表ですが、うつ病、というより、正しくはうつ病という病名で医療機関に受診している人の…

視点で違う 良い看護師・悪い看護師①

看護学校の学生だった頃、実習先のとある病棟の師長さんはとても人気があった 病室の患者さんのところを回っては、重症の患者さんの手を握りしめ、大変ですね、頑張ってください、と言って一緒に泣くのだ 患者さんからは慕われ、これぞ、現代のナイチンゲー…