読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

継続は力なりと思う看護師の日記

思えば長く続けている看護師というお仕事、研究、そのほかについて書こうと思います

若手看護師を育てるということ

私の勤める病院で、3年目前後の看護師が自分の看護についてプレゼンし、資料にまとめて発表する、という発表会があります 何人かでグループになって行うグループ学習です テーマは何でも良いので、自分が取り組んできたことについて発表をします 3年目の看…

みをつくし料理帖1~10読了 夢中で読んだ!

久しぶりに面白くて読むのが止まらない、という本に出会いました 「みをつくし料理帖」シリーズ、著者:高田郁さん、ハルキ文庫 家に本が増えるのが嫌で、最初は図書館で借りて、何度も読みたくなる本だ、と思ったら購入する、というのがいつものパターンな…

ラーメン屋さんに接客を学ぶ

外食は家で食べられないものを食べに行く、というかんじです 年とともに、「自分で作るのが一番美味しい」と思うようになってしまったので、ほとんど外食はしません なので、家で作るよりも美味しいもの、といえばラーメンなのです 最近、京都に本店を持つ全…

息子がうつになりまして⑥ 猫セラピー

私は動物が好きなので、年をとって施設に入ることがあれば、その施設に猫や犬がいればいいなぁと思います さて、うつ状態で休職中の息子が、実家に帰って来て3週間が過ぎました うつうつとして、ぼーっとしていたときに、猫の存在は大きいなぁと思いました …

高齢者の高額療養費制度負担増加を考える

日本は、他の国に先駆けて、急激に高齢化しています 医療、看護、介護では、2025年には、団塊世代が75歳以上の後期高齢者になるという、「2025年問題」について、ずいぶん前から話題となっています 高齢化が進むことによって、医療費などの社会保障費が増大…

体の老いと看護師業

老化の自覚って、何歳くらいからするものなのでしょうか 私は32歳から33歳がターニングポイントでした もう、その1~2年での記憶力の低下は恐ろしいものがありました 32歳の頃ですが、いつもなら絶対に忘れない業務が抜けてしまったことがあります なぜ抜…

リーダーシップ 上司の資質

昨年、上司が新しく変わりました 優しく、明るく、すっとぼけてはいるけれども、愛されキャラの人です 私は、個人的には好きでした ただ、その人の下で働いた経験のある看護師からはあまり評判は良くなく、 「とにかく仕事をしない」 「仕事と関係のない雑用…

クレーム対応 担当看護師の交代を希望されたら

先日、クレーム対応の研修会が院内でありました 外部講師の方が来ていたので、資料や映像が用意されていて、わかりやすくて聞きやすい研修でした その中に出された、これは事実を基にした事例です、と断り書きがあった事例なのですが、あれ?これでいいの?…

看護師の肥満は許されない?

私の勤める病院の糖尿病専門医は5人ともぽっちゃりです 白衣なんかピチピチです 糖尿病の指導で、かなり瘦せ型体系の患者さんに対して 「数値がいまひとつだから、後2キロは減らすように食事を減らした方が良い」 とおっしゃったりします 患者さん方は 「…

「看護学生入れ墨裁判」を考える

看護専門学校で入れ墨を理由に休学処分になったのは不当だとして、 20代の女性が学校を運営する医療法人に約540万円の損害賠償を求め、東京地裁に提訴した。 医療法人側は争う姿勢を示した。 背中などに入れ墨があることを教員に告げたところ、6月下旬…

看護研究指導 ポスター作製も楽じゃない

看護研究をするにあたって、一番問題となるのは、日本語の能力とパソコンの技能ではないかと思う今日この頃・・・ 両方得意だと研究が成功するか、と言ったらそんなことはないのですが、両方不得意だと、指導する側とすると、ものすごく面倒です 看護師さん…

嫌いな人と上手くやっていく方法・実践

先日、嫌いな人と上手くやってく方法、というタイトルでブログを書きました 意地悪な看護師さんに、ささいなことでクレームいれられたよ、でも明日電話でクレーム対応するんだ! と書いたのですが、翌日になると、けっこう嫌だった気持ちも薄れ、認知行動療…

息子がうつになりまして⑤ 

息子が実家に戻って、10日が過ぎました 買い物や料理、洗濯、掃除、すべての家事を引き受けてくれています ちょっと、私、楽を覚えてしまいそう・・・ うつじゃないなぁ、適応障害だったんだなぁと思ってます 相変わらず眠れない、夜中に何度も目が覚める、…

嫌いな人と上手くやっていく方法

かれこれ10時間くらいは、いやーーーな気持ちが続いています 私が、 「この人、本当に意地悪な人だなぁ」 と思う看護師から、また今日もいやーーーなかんじの社内メールが届いたからです この人は、多分、自分が尊重されない、ということにとても敏感な人…

親を看取るということ 父の看取り

私の父は50歳代で亡くなりました 肺癌でしたが、癌だとわかった時には転移していて、癌の診断から亡くなるまで3か月でした 癌診断の3か月前に会社の健康診断で異常なしでしたから、急激に進行したのだと思います 実家は地方都市にあって、私を含め子供たち…

看護師さんはお取り寄せがお好き

今の時期、大量にチョコレートの通販カタログが職場の休憩室に置かれ、続々と購入されたモノが届きます 今の時期だけではなくて、ちょくちょく、日本中の有名どころのお菓子の通販のカタログが置かれていて、誰かが買ってますから、皆さん、すごいなぁ うち…

看護研究指導 指導できなかったグループ

以前も書いたのですが、今年度看護研究の指導を担当しているグループで、ひとつだけ途中で関わらなくなってしまったグループがありました 計画書の中で、言葉の定義がきちんとされていなかったので、何をしたいのかがはっきりせず、量的な研究をしたい、とい…

性格が悪い人と意地悪な人

私の中の言葉の定義としては、「性格の悪い人」と「意地悪な人」は違います 私は性格は悪いですが、意地悪ではありません 意地悪というのは、性格の悪さを表面に出してしまうことだと思います 社会生活を送るうえで、性格の悪さは隠していかなくてはいけない…

3月のライオン 自分の本棚から

本や漫画は心の友なのですが、ネカフェや図書館で読んで、何度も読んで気に入って、今後も何度も読む、とわかったものだけ購入します そうでないと恐ろしい数になってしまう、ということもあるのですが、本当に気に入ったものだけ身近に置いておきたいと思っ…

子宮移植を考える

職場で先月の新聞を片付けていたら、「子宮移植」という文字が目に留まりました 子宮を移植するの? というので驚いたのですが、正直、考えてしまいました 喜ばしい、というよりも、大丈夫かな、良いのかなという懸念 生まれつき「子宮」がない女性らの妊娠…

人をどこで判断するか 私は字、かも

どこで人を判断するかは人によって違いますが、 私はその人の書く字で、けっこう印象が変わってしまいます 別に上手でなくても良いのですが、伸び伸びとした字に惹かれます 上のは、欧陽詢の拓本、杜甫の詩です 惚れ惚れします(*‘∀‘) 王 献之 洛神賦十三行で…

息子がうつになりまして④ 実家暮らしの息子さん

息子が実家に戻って1週間になろうとしています うつになるくらいだから几帳面ですし、何かにつけて「申し訳ない」という気持ちが先立ちます 鈍感力に溢れた妹や、世界の中心に住む妹とは人間が違います しかも、この息子、アニメとゲームが好きな二次元オタ…

看護研究指導 締め切り直前

私の勤める病院で看護研究の指導を担当していますが、今年度、看護研究を行っているグループの発表は3月にあります 論文としての締め切りは先週でした それなのに、それなのに・・・ 先々週あたりからがラストスパートっていうかんじで、どのグループも2~…

最期を自宅で迎えたい~在宅での看取りを考える

「死期が迫っている場合、どこで最期まで療養を送りたいですか?」 という質問に対して、約6割の人が 「できるだけ自宅で療養したい」 と答えています。 さらに、自宅で最期を迎えたいと考える人は8割弱に達しています。 という調査結果は、よく目にします。…

本気なんだか将来の夢は占い師

割と本気で、私は占い師になりたいのです(!) タロット占いです タロット占いは、中学生頃から時々やってたのですけど、この2~3年は何か迷うことがあると、その時にやっていました これが、当たるのですよ 目から鱗、みたいな時もあれば、納得せざるを…

お嬢さん、また留年ですか

うちの末っ子お嬢は、世界が自分中心に動いていることを疑わず、世界で一番自分が可愛いく、モテて当然だと思っています 彼女のすごいところは、何かを選ぶ時に、自分の好き嫌いよりも、どれが一番モテるか、男受けが良いかを常に考えて選ぶところで、服だっ…

息子がうつになりまして③

昨夜遅くに実家に息子が戻ってきました あまり視線も合わせないし、笑い方も弱弱しい 弱ってるなぁというかんじ でも、診断書を書いてもらえたら当分仕事を休む、と決めたようで、しばらく実家住みのつもりで荷物を持って帰ってきました そのせいか「食事ら…

息子がうつになりまして②

仲良しの精神科のお医者さんに、息子のことを相談しました 1つ目は ・営業で一日車に乗ってるので、抗うつ剤を出されてると眠気が心配だけど、どうなんでしょう ということ 昔の薬と違って、今の抗うつ剤は眠気はずいぶんましだと聞きます けれども、抗うつ…

電子カルテで自分の個人情報は守れるか

手荒れが酷いので軟膏を出してほしいとか、頭痛薬出してほしいとか、気軽に(?)お薬を出してもらえるのは病院勤めの良いところです そうでないと、残業続きの毎日なのに、開業医さんが診察している時間に受診するなんて至難の業です というので、普段は滅…

息子がうつになりまして

シャレてる場合ではありません 息子から「土日にやってる精神科ある?」とLINEがきたのが先週です 数日前に、うつで受診する人が増えていることについて、このブログで書いたばかりのタイミングで LINEを見て、あちゃーというかんじでした 息子は、他県で一…

スーパーサラリーマン佐江内氏 福田雄一さんだから見ます!

「勇者ヨシヒコ」シリーズの演出家・福田雄一氏が脚本と演出を担当するというだけで、このドラマは見ます! しかも、ムロツヨシさんや佐藤二朗さんも出演 ムロツヨシさんは、3年前に福田さんのドラマで初主演してますが、他にも何本も組んでお仕事されてま…

周りにうつ病の休職、増えました

「うつ病で医療機関を受診している患者数」は、1984年には11.0万人 1999年には33.5万人に、2011年には70.1万人に増えています。27年間で6.4倍です。 この数は厚生省の発表ですが、うつ病、というより、正しくはうつ病という病名で医療機関に受診している人の…

東京タラレバ娘 漫画とドラマ

東村アキコさんの漫画は「かくかくしかじか」がとても面白く、「主に泣いてます」もちょっとやりすぎなのだけれども、面白い 絵が雑なので、いまひとつはまりきれないけど、タラレバ娘は新刊が出ると読んでます 現在7巻まで発売中 「この東京タラレバ娘」は…

酒癖が悪い人

若い時に酒癖の悪かった人は、どこかで大きな失敗をして、人前で飲んでも適量で止めるようになります もしくは、周りに叱られたり、注意をされて、自分の醜態に気づき、お酒を控えるようになります 大変だなぁと思うのは、年をとってから酒癖が悪くなる人 何…

看護研究の論文を読むのは楽しいですよ

私は看護研究の論文を読むのが好きです 看護は、実際自分が関わっている仕事なので、内情はわかっているし、対象についても知っているので、テーマがとても身近です そして、とても役に立つ内容! 看護研究なんて、昔昔から、自分よりもっと頭の良い看護師さ…

鈍感力

うちの大学生のお嬢はぼーっとしている人で、よく笑うけれど、寡黙で 温和だけれど、何を考えているかわかりにくく、静かな人です 今日、久しぶりにぼーっとした子だなぁと実感したのは、紅茶を淹れてくれる、と言って準備していた時です 私のと自分のと二人…

食べたもので体はできる~朝ごはん

「粗食のすすめ」なんて本ありましたけれど、あれ、好きでした もともと食は細いほうなので、理想の朝ごはんはこんなかんじです(*'ω'*) 好きなもの:白米、雑穀米 好きなおかず:梅干し、塩昆布、明太子、みょうが味噌、お味噌汁 野菜もお魚も好きです 決し…

子育ての気分転換~絵本

子供の頃から本が大好きで、特に寝る前に本を読みながら空想の世界に入って、現実のしんどいこと、嫌だったことから離れて気持ちを切り替えることが日常でした 看護師は向いてない、人間関係がしんどい、と思いながら仕事を続け、子供ができた後も、子育ては…

看護学生の臨床実習指導というお仕事①講習会参加

患者さんへの看護、というお仕事以外に看護師にはいろいろなお仕事があります その中のひとつに、病院に実習にくる看護学生への指導、というものがあります 学生の実習指導者に特に資格がいるわけではないのですが、たいていは、さまざまな機関で行われてい…

視点で違う 良い看護師・悪い看護師①

看護学校の学生だった頃、実習先のとある病棟の師長さんはとても人気があった 病室の患者さんのところを回っては、重症の患者さんの手を握りしめ、大変ですね、頑張ってください、と言って一緒に泣くのだ 患者さんからは慕われ、これぞ、現代のナイチンゲー…

中高年の看護師にもワークライフバランスを!

看護師の中でも子育て世代はとにかく休む 子供が風邪をひいた、おたふく風邪をもらった、中耳炎になったなどなど、急な休みも多いし、参観日、懇談会、学芸会などなど休みの希望も多い 若い看護師もそこそこ休む 同居の母親が「熱を出しましたので」「生理痛…

ワークライフバランス制度で夜勤免除で働くこと

私が働く病院の看護師を対象にした調査で、未就学児を持って、3交代をしている看護師はその中の1割程度、という結果が出ました。 時代を感じます。 良い時代になりました。 私が出産した頃は、産休あけだろうが、育休あけだろうが、3交代することが常勤で…

にほんブログ村

看護師にとって親との同居、良い点悪い点

私の知る限りでは、女性で看護師として正職員で働き続ける人に、親と同居している人はとても多いように思います。 同居しないまでも、同じ町内や車ですぐの場所に住んでる人が多いです。 働き続ける、夜勤や休日日勤のある仕事を続けるには、どうしても家族…

看護研究~結果だけなんて見れるわけないでしょう

病院内で看護研究の指導をする、という仕事をしています これは委員会の仕事ですので、まぁ、いわば片手間、業務の合間にするはずなのですが、かなりの時間をもっていかれます 何年もやってるうちに自分が学んだことは、とにかく、少しでも進行したら見せて…

息子からの贈り物 シューアイス

隣の県で一人暮らしをしている息子ですが、営業職なもんで、色々お付き合いで買うことがあるようです。 薄給なのにカワイソウ(´・ω・) 今日も冷凍の箱が届きました 「今日の午前中届くから家にいてね」 とLine来ましたので、おりましたよ。 冷凍、冷凍、なん…

学会参加は旅行気分 いざ東北へ 食べ物編

旅行先で食べるもの ご当地ラーメン(*‘∀‘) 初日に喜多方ラーメン食べるためにわざわざ寄ったのに、時間が早すぎて開いてない('_') 喜多方ラーメンのために高速を下りたのに、また上がって、サービスエリアで福島ラーメンなるものを食べてみる これは・・・い…

学会参加は旅行気分 いざ東北へ

一昔前は、「自己研鑽のため看護研究をして学会で発表します」 なんて言うと、往復の電車賃と1泊ないしは2泊分の宿泊代が病院からポンと支払われて、出張扱いで行ってらっしゃい(^^)/~~~ ってかんじでした しかし、この世知辛い世の中、認定看護師が増えて…

看護師になろうと思った理由・人それぞれ

もちろん私の写真ではありませんが・・・ 本当、こんな初々しい時代もあったはずです 初々しく、一生懸命で、希望にあふれ・・・(そうだったけ?) 今の時代、看護師になろうと思う動機は何なんでしょうか 男性看護師の場合は、家族に看護師がいたので、と…